オンライン相談受付中!!

ショールーム見学予約受付中!!

東友株式会社のブログ 東友株式会社|ブログ

東友株式会社|ブログ

事故物件を見抜くポイント

事故物件の情報はどこまで説明しなければならないという決まりがないため、不動産業者や大家の中には聞かれなければ黙ったままでいようと考えている場合があります(;´ω)

そのような物件を見抜くポイントを3つご紹介致します☆

まず1つ目が部屋の一部のみが新しいということです。

壁は汚いのにフローリングだけがやけに綺麗、浴室だけが最新式になっているなどです。

この場合、なんらかの事故があり、その部分だけをリフォームせざるをえなかったという背景が隠れている場合があるかもしれません(>_<)

次に担当者が契約を急いている雰囲気があるときも要注意です。

かなりしつこいセールストークをしてくるのであれば、事故物件は絶対に嫌だと告げておきましょう。

この一言を伝えておけば、入居後に事故物件と判明した時、契約解除や返金などの対処がとりやすくなります。

最後は大家さんに以前住んでいた人のことを尋ねたときに、違和感のある反応を示したときです。

なにもない物件であれば、こうした質問に問題なく答えられるはずですが、口ごもったり、よく覚えていないなどの返答であれば怪しい可能性が高いです(>_<)

この場合も事故物件じゃないかの探りを入れることがおすすめです。

東友株式会社|アクセス

お問い合せ

お気軽にお問い合せ・ご連絡下さい

  • #奈良県橿原市東坊城町932番地の3
  • #OPEN:10:00〜18:00

Toyu SNS

ソーシャルメディア

# #